スタディラウンジReQ

生徒が自ら学習計画を立てる塾、生徒が自ら課題を見つける塾

スタディラウンジReQ つくばみどりの校 tel.029-886-6953(受付時間/平日14:00〜22:00)

谷田部中 Tさんからのご相談

うちの子は集団塾と個別塾のどちらが向いているでしょうか?

集団塾はトップ校合格を目標としている子が行くべきです。


学校はできる子をさらに伸ばすような授業はしません。


あくまで、全員がある一定以上の学力を持てるようにすることを目的としています。


よって、基本~標準レベルに時間を割かざるを得ないため、どうしても発展レベルまで手が回りません。


そのため、上位学校の合格を目標にしている生徒にとっては、学習レベルが不十分となります。


ですから、土一や竹園といった上位学校を目指したいのであれば、独学なり塾なりで発展レベルまでできるようにならなければなりません。


その目的のみで集団塾は行くべきです。


ただ単に学校の補習という目的はあまり意味がないと考えます。


なぜなら学校の方が圧倒的にたくさんの時間をかけ、丁寧に教えてくれるからです。


それで習得できないのであれば、短い時間で学校の焼き直しをするに過ぎない補習目的では意味がないのではないかと思われます。


========================================


個別塾は学校でやったところのわからなかったところを、その子に合わせて教えてくれるというイメージを持たれている方が多く見受けられますが、実際は違います。


多くの個別塾は学校の予習を中心に行います。


ですから、塾専用のでテキストがあります。


もし、学校でやってわからなかったところをやるのであれば、学校の教材を使えばよいのです。


むしろ定期テストなどはそちらからの方が出題が多くされるため、学校の補習という観点からすると理にかなっています。


また、先生の多くがアルバイトのため、そこまで知識量がありません。


そのため、使うテキストも先生に合わせて基本~標準レベルのテキストを使用します。


ですから、個別塾は学校の授業はあまり聞かないけど、先生との個別対応ならば話を聞くというタイプの子、

または、前の学年の内容からつまずいている子(ただこれも週1,2回の授業の中で前の内容を予習に加えて取り入れることは難しいのですが…)がおすすめかと思われます。


========================================


と、以上が個別塾と集団塾の本質の説明です。


ここからは当塾の宣伝をよろしいでしょうか…。


当塾も大きなくくりでは個別塾となります。


そして、予習中心のカリキュラムです。


しかし、レベルが基本~標準ではなく「基本~超ハイレベル」までとなります。


それは、講師陣が少数精鋭のプロフェッショナルであるからこそ可能となっています。


そしてテキストは基本~ハイレベルとなっていますが、テキストの10倍の量の基本~超ハイレベルまでのプリントを用意しています。


そのため、ハイレベルの塾などでは、その塾の内容についていくためにさらに塾に行くという子もいますが、当塾は生徒一人ひとりでカリキュラムを作るため、当塾だけで土一や竹園合格を目指すことが可能です。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


また、勉強が不得意な子は、そもそもあまり勉強をしない子が多いです。


それなのに、なんとなく塾に行って、なんとなく宿題をやってでは、何も変わりません。


当塾は徹底的に勉強への意識を上げることを重視しています。


また、当塾は最大で週5日、1回あたり170分まで指導を受けることが可能です。


そのため、今学校でやっているところの学習をしながら、過去につまずいてしまってた分野を同時に学習していくことが十分に可能です。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


と、長々と宣伝を書き綴ってしまいましたが、何が言いたいかと申しますと、勉強が苦手な子も、トップ校合格を目指している子も、スタディラウンジReQへご関心をいただければ幸いです…。